カテゴリ:部活動(文化部)

第26回四国高等学校生徒商業研究・意見体験発表大会結果報告

 8月24日(土)に、徳島県教育会館において、第26回四国高等学校生徒商業研究・意見体験発表大会が開催され、愛媛県からは、商業研究の部では、県大会を14年連続優勝で勝ち抜いた本校商業研究部と西条高校、意見体験では、今治北高校・東温高校の生徒が出場しました。

 本校商業研究部は「未利用魚を活用したブランディング戦略~郷土愛を育むソーシャルビジネスを目指して」と題して、昨年から取り組んでいる未利用魚の給食メニュー提供と小学校での食育交流会や未利用魚マップクリアファイルの提供など魚食の推進活動と「未利用魚を使った定食を提供するイベント(大島ツアー)」や「すり身揚げの坊っちゃん団子風」「白身フライの甘辛丼」「ハモ入りみかん寿司のデリシャスAKIN丼」などの商品開発とその効果による漁業活性化への取組を発表しました。

 結果、優秀賞(第2位)で、全国大会へ駒を進めることができました。これもこれまで協力いただいた市役所、給食センター、シーフードセンター、愛媛調理製菓専門学校、料理家中村先生、大島テラス、みなっとなど様々な方々のご支援の賜物と感謝しております。全国大会では、八幡浜市や八幡浜市の未利用魚を全国にPRしてきたいと思います。今後ともご指導、ご協力よろしくお願いします。

 

大島テラス1周年記念イベント

8月11日(日) 私たち商業研究部「A★KIND」は、大島テラス1周年記念イベントに参加し、商業研究部で開発した「すり身揚げ 坊ちゃん団子風」を販売してきました。

 午前10時半ごろより販売を開始しましたが、ハモなど未利用魚の味が非常に好評でまとめ買いする方も多く、用意していた約200本の串は2時間ほどで完売しました。

 

 

 

大島テラスでは他にもフラダンスショーや餅まきなどが行われ、来島した方はとても楽しんでいる様子でした。

 

 

強い日差しの中での販売で日焼けした生徒もいましたが、おかげさまでとても充実した活動になりました。

今後もまた、商業研究部「A★KIND」の活躍にご期待ください!

 

 

 

第9回 八幡濱港拓2019

 8月11日(日)に第9回八幡濱港拓2019に写真部と商業研究部の代打として4人の生徒がボランティアに参加しました。写真部の生徒は、日土小学校の子ども達が校内を案内している様子を撮影しました。商業研究部の生徒は、日土小学校まで伊予鉄のレトロバスに乗って、バスガイドとして八幡浜に関することや松村さんの建築物を紹介しました。初めてのことで、緊張していましたが乗客の皆さんのおかげで無事にガイドを終え、有意義な体験をすることができました。また、地域のことを楽しく学ぶよい機会となりました。

つなげ!生物多様性高校生チャレンジシップみかん寿司試食会

 8月3日(土) 松山市子規記念博物館において、南海放送が主催する「つなげ!生物多様性高校生チャレンジシップ」が開催されました。私たち商業研究部は、料理研究家の中村和憲先生と玉津のみかんジュースと私たちが研究している未利用魚がコラボした「ハモ入りみかん寿司デリシャ酢AKIN丼」(7月29日の八幡浜高校日記参照)を提供しました。

 7:20から中村先生とともに、本校、調理室で仕込みを開始し、9:30には出発、11:30提供開始と、あわただしいスケジュールではありましたが、無事、用意した200食以上の試食をすべて配布することができ、おいしいと大好評でした。

美術・図工 第43回全国高等学校総合文化祭美術・工芸部門 (佐賀大会)に出品・参加しました。

 美術部です。
 第43回全国高等学校総合文化祭美術・工芸部門 (佐賀大会)に本校の美術部2年生の上原さんが出品・参加しました。(7/27~30)上原さんは昨年の県の高校文化祭で、優秀賞を受賞し(約50倍)、今年度の全国大会の権利を得ました。
制作は、日々自分と向き合う大変な活動ですが、今後も地域の方々に喜んでいただけるよう部員一同、頑張りたいと思います。
 以下、全国大会の様子を掲載します。                                                                                                        
                                 美術部顧問 井上 務

 

南海放送「つなげ生物多様性高校生チャレンジシップ」提供メニュー試作 

7月29日(月) 商業研究部は、本校調理室において、8月3日(土)に行われる南海放送「つなげ生物多様性高校生チャレンジシップ」で提供するみかん寿司を、料理研究家の中村和憲先生と一緒に試作しました。

 メニューは、7月13日(土)に本校で行われた中村先生との事前打ち合わせで、みかん寿司に商業研究部が現在研究に取り組んでいる未利用魚の活用ともコラボさせ、ハモの未利用魚のすり身を混ぜることとトッピングにアジ等の未利用魚のすり身や彩りを考えた食材を乗せることなどが決定していました。

 当日は、中村先生からみかん飯とハモのすり身の素揚げを融合させるスペシャルな寿司酢「デリシャ酢」のレシピを提供いただき試作に取り組みました。出来上がった試作品は、みかん飯と「デリシャ酢」と弾力のあるハモすり身の絶妙なハーモニー、トッピングのアジすり身だんごのフライ、梅肉、大葉、ネギ、沢庵、刻み海苔のそれぞれにみかん寿司とマッチした味と食感で、正直みかん飯は苦手という部員も、おいしくいただくことができました。

 8月3日(土)は、松山市子規記念博物館で行われるイベントで、11時半から100食分を「ハモ入りみかん寿司のデリシャ酢アキン丼」と命名して試食として提供します。お楽しみに。

 

 

商業教育生徒研究発表大会及び商業教育意見体験発表大会

7月27日(土) 愛媛県歴史文化博物館において第70回愛媛県商業教育生徒研究発表大会及び第27回愛媛県商業教育意見体験発表大会、第36回全国商業高等学校英語スピーチコンテスト愛媛県予選(別記事あり)が行われました。

生徒研究発表には、商業研究部が「未利用魚を活用したブランディング戦略~郷土愛を育むソーシャルビジネスを目指して~」と題して未利用魚の給食メニューによる魚食の推進や未利用魚を活用したメニューの商品化を目指すブランディング戦略による漁業の活性化への取り組みについて、意見体験発表は3-5井上さんが「今の私たちにできること」と題して、自分が西日本豪雨災害の被害を受けたとき仲間や地域に支援された感謝の思いを地域の活性化に協力することで伝え、さらに商業科で学んだ知識やインターンシップでの経験を生かして地域に貢献したいという思いを発表しました。

審査の結果、商業研究部が、第1位に入賞し、四国大会への出場を決めました。商業研究部の1位入賞は、平成18年度から14年連続の受賞となります。

第59回四国高等学校ワープロ競技大会

 ビジネス部が、7月26日(金)に行われた第59回四国ワープロ競技大会に出場しました。日頃の練習の成果を発揮し、県大会より打数が伸び団体の部9位となりました。3年生はこれで引退となりますが、この経験を2年生に引き継いでいきたいと思います。

 

第63回四国高等学校珠算・電卓競技大会

 ビジネス部が7月23日(火)に高知県で行われた第63回四国高等学校珠算・電卓競技大会電卓競技の部に出場しました。ハイレベルの中での大会で、入賞はかないませんでしたが、よい経験となりました。秋の新人戦に向けてしっかりと練習していきたいと思います。

第1学期「将棋部」活動報告

5月3日(日)

愛媛県高等学校総合文化祭将棋部門(於:松山市立子規記念博物館)

予選リーグを経て、13名中5名決勝リーグ進出、うち2名2回戦へ(ベスト16)。

7月14日(日)

第32回高等学校将棋竜王戦愛媛県大会(於:松山市男女共同参画推進センター)

予選リーグを経て、11名中8名決勝リーグ進出うち、2名が2回戦へ(参加者多数のため3回戦がベスト16)。

秋の愛媛県高等学校総合文化祭将棋部門では、ベスト8に残り、四国大会に出場できるよう日々精進したいと思います。