カテゴリ:部活動(文化部)

第2回魚食推進給食交流会

 私たち商業研究部は、9月18日(水)に、江戸岡小学校で給食交流会を行いました。この交流会は、私たちが考案し試作した未利用魚を利用したメニューを小中学校の給食で提供してもらい、子供たちへの魚食の推進を図るとともに、未利用魚の活用や漁業に興味を持ってもらうことを目的とした活動で、6月19日に川之石小学校で第1回の交流会を行い、今回の江戸岡小学校が2回目となります。また、江戸岡小学校は、7月18日に未利用魚の魚食マップクリアファイルの贈呈式を兼ねた交流会を5年生で行いました。今回は、5年生以外の学級で交流会とアンケートを行いました。

 今回のメニューは、大島やみなっと日曜市で販売した「すり身揚げ坊ちゃん団子風」を給食メニューにアレンジした「はもすり身の2色だんご」でした。

 アンケートの結果、90%以上の児童がおいしかった、また食べたいと答えてくれました。魚食マップクリアファイルについては、残念ながら常時使用している児童は40%弱でしたが、時々使っているを含めると100%の児童がちゃんと使ってくれています。また、70%弱の生徒が、魚食や未利用魚に興味をもった、60%弱の生徒が漁業に興味があると答えてくれました。これらの数値が、今後も上がっていくように、頑張って活動していきたいと思いました。

 

 

 

高校生新聞記者として取材活動を行いました【文芸新聞部】

文芸新聞部では高校生新聞記者の活動として、今回は陸上競技部で高校駅伝に取り組む長距離の選手に対して取材活動を行いました。愛媛新聞社の方々からインタビューを行う際のポイントや注意点、記事内容を意識した写真撮影の方法について教えていただきながら取材を進めました。今年も全国高校駅伝出場を目標に、日々の練習を重ねる選手達の様子を間近に見ながら、この熱気をどのように記事にすれば読者に伝わるか部員同士で記事の内容・構成を相談しました。愛媛新聞の紙面、高校生新聞記者のコーナーに掲載される予定です。お楽しみに!

第26回四国高等学校生徒商業研究・意見体験発表大会結果報告

 8月24日(土)に、徳島県教育会館において、第26回四国高等学校生徒商業研究・意見体験発表大会が開催され、愛媛県からは、商業研究の部では、県大会を14年連続優勝で勝ち抜いた本校商業研究部と西条高校、意見体験では、今治北高校・東温高校の生徒が出場しました。

 本校商業研究部は「未利用魚を活用したブランディング戦略~郷土愛を育むソーシャルビジネスを目指して」と題して、昨年から取り組んでいる未利用魚の給食メニュー提供と小学校での食育交流会や未利用魚マップクリアファイルの提供など魚食の推進活動と「未利用魚を使った定食を提供するイベント(大島ツアー)」や「すり身揚げの坊っちゃん団子風」「白身フライの甘辛丼」「ハモ入りみかん寿司のデリシャスAKIN丼」などの商品開発とその効果による漁業活性化への取組を発表しました。

 結果、優秀賞(第2位)で、全国大会へ駒を進めることができました。これもこれまで協力いただいた市役所、給食センター、シーフードセンター、愛媛調理製菓専門学校、料理家中村先生、大島テラス、みなっとなど様々な方々のご支援の賜物と感謝しております。全国大会では、八幡浜市や八幡浜市の未利用魚を全国にPRしてきたいと思います。今後ともご指導、ご協力よろしくお願いします。

 

大島テラス1周年記念イベント

8月11日(日) 私たち商業研究部「A★KIND」は、大島テラス1周年記念イベントに参加し、商業研究部で開発した「すり身揚げ 坊ちゃん団子風」を販売してきました。

 午前10時半ごろより販売を開始しましたが、ハモなど未利用魚の味が非常に好評でまとめ買いする方も多く、用意していた約200本の串は2時間ほどで完売しました。

 

 

 

大島テラスでは他にもフラダンスショーや餅まきなどが行われ、来島した方はとても楽しんでいる様子でした。

 

 

強い日差しの中での販売で日焼けした生徒もいましたが、おかげさまでとても充実した活動になりました。

今後もまた、商業研究部「A★KIND」の活躍にご期待ください!

 

 

 

第9回 八幡濱港拓2019

 8月11日(日)に第9回八幡濱港拓2019に写真部と商業研究部の代打として4人の生徒がボランティアに参加しました。写真部の生徒は、日土小学校の子ども達が校内を案内している様子を撮影しました。商業研究部の生徒は、日土小学校まで伊予鉄のレトロバスに乗って、バスガイドとして八幡浜に関することや松村さんの建築物を紹介しました。初めてのことで、緊張していましたが乗客の皆さんのおかげで無事にガイドを終え、有意義な体験をすることができました。また、地域のことを楽しく学ぶよい機会となりました。