カテゴリ:ホームルーム活動

王冠 私達には負けられない戦いがあるんです!【1年2組・4組HR活動】

2月7日(金)7限のホームルーム活動の報告をします。

1年2組vs1年4組で「百人一首」対決を行いました。

事前に読み札をしっかりと覚え、休み時間には練習をして本番を迎えました。

冷静沈着で、常に平常心を保ちつつ「すすっ」とカードを取り進める2組。

何があろうと負けてはならないと床をばしばしと手が赤くなるほどたたきつける4組。

正反対と言っても良い程のクラスカラー・・・担任の先生の性格でしょうか?(笑)

今回の勝負は6対4で4組の勝利星

2組と4組の親睦も深まりました。競技かるたに目覚める人が出てくるかな?

英語ビブリオバトルに挑戦!【1年普通科ホームルーム活動】

1月17日(金)7限、1年2・3組で合同ホームルーム活動を行いました。内容は英語によるビブリオバトル(知的書評対決)です。

全3回で実施し、今回は最終回。

第1回はクラスでの日本語によるビブリオバトル。グループ発表、クラス発表を経て各クラスから代表者5名(計10名)を選出しました。

第2回は選出された代表者ごとにチームを作り、チームの力を合わせて原稿を英訳していきました。

そして、第3回は選出された10名による英語ビブリオバトル。書評を聞いて最も読みたいと思った本に1票を投じます。発表者は聴衆に伝わることを第一に考え、聞く側は発表者の言葉をしっかり受け止めようと集中して聞いていました。

紹介されたのは次の十冊。

①豆の上で眠る(湊かなえ)②天国までの49日間(櫻井千姫)③桜のような僕の恋人(宇山佳佑)④バスカヴィル家の犬(コナン・ドイル)

⑤PSYCHO-PASS(深見真)⑥終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?(枯野瑛)⑦蜜蜂と遠雷(恩田陸)

⑧君にさよならを言わない(七月隆文)⑨記憶屋(織守きょうや)⑩「のび太」という生き方(横山泰行)

発表後は、互いに聞き取れた内容や理解できなかった内容について意見交換が活発に行われました。

また先生方にも聞いていただき、最後にALTのアンニャ先生から内容や構成に関するポイントを指摘していただいたり、発表の仕方についてアドバイスをいただいたりしました。

チャンプ本に選ばれたのは竹内悠貴さんが紹介した『「のび太」という生き方』。素直に自分の気持ちを表現していた点、理解される英語で表現していた点、聞き手への投げかけがあり、聴衆を引き込む発表であった点が高い評価を得ました。

また、別の形でも英語による表現活動に挑戦していきます!

 

金曜17:00にお化け製造

遅くなりましたが。

お隣の高校のHPを参考にしまして、先週(10/25)金曜日に、河原ビューティーモード専門学校の先生と学生にお願いして、傷メイク講習会を開きました。

今週土曜の文化祭で1年1組の教室(入り口から一番遠い教室)がお化け屋敷に変わります★

怖いお化け揃えてお待ちしております!!

究極の恐怖をいかが?www

にっこり ホームルーム活動で「日本文化に触れよう」

 3年1組のホームルーム活動の時間に、いずしね館の和室でお茶会をしました。担当班のメンバーが日本文化部員ということで実現した企画です。まずはみんなの前でお手前を披露してくれました。その後班員の説明を聞き、見よう見まねでお茶を点て、お菓子と共にいただきました。

 お茶会は初めての生徒もいたようですが、みんなでおいしく和気藹々と、日頃の受験勉強の疲れを癒やすことができました。

  

【1年生】世界に目を向ける—新渡戸国際塾—

 

 1年生195名を対象に新渡戸国際塾の修了生の方々6名による講演会及びディスカッションが行われました。右からアダム・バートンさん、向山淳さん、坂和祐子さん、薬師弘幸さん、金子素子さん、中津留隆さん。

 第1部では(独)国際協力機構(JICA)薬師弘幸さん、開発コンサルタント(株)アルメックVPI金子素子さんによる講演でした。

次の20年で私たちが取り組むべき課題について、SDGs(持続可能な開発目標)をテーマに実際の開発途上国の現状などを紹介していただき問題提起をしていただきました。

 第2部では各クラスに修了生の方々が来てくださり、現在取り組まれている事業や高校生が持つべき視点、挑戦してほしいこと、などについてお話しいただきました。ディスカッションの時間も設けられており、生徒からの質問に対して具体的な事例を紹介しながら、熱く語ってくださいました。

世界の現状と未来に目を向け、自分自身の進路とのつながりについて考えることができる大変貴重な時間となりました。

 講師の先生方、ありがとうございました。