【1年生】世界に目を向ける—新渡戸国際塾—

 

 1年生195名を対象に新渡戸国際塾の修了生の方々6名による講演会及びディスカッションが行われました。右からアダム・バートンさん、向山淳さん、坂和祐子さん、薬師弘幸さん、金子素子さん、中津留隆さん。

 第1部では(独)国際協力機構(JICA)薬師弘幸さん、開発コンサルタント(株)アルメックVPI金子素子さんによる講演でした。

次の20年で私たちが取り組むべき課題について、SDGs(持続可能な開発目標)をテーマに実際の開発途上国の現状などを紹介していただき問題提起をしていただきました。

 第2部では各クラスに修了生の方々が来てくださり、現在取り組まれている事業や高校生が持つべき視点、挑戦してほしいこと、などについてお話しいただきました。ディスカッションの時間も設けられており、生徒からの質問に対して具体的な事例を紹介しながら、熱く語ってくださいました。

世界の現状と未来に目を向け、自分自身の進路とのつながりについて考えることができる大変貴重な時間となりました。

 講師の先生方、ありがとうございました。