2019年7月の記事一覧

南海放送「つなげ生物多様性高校生チャレンジシップ」提供メニュー試作 

7月29日(月) 商業研究部は、本校調理室において、8月3日(土)に行われる南海放送「つなげ生物多様性高校生チャレンジシップ」で提供するみかん寿司を、料理研究家の中村和憲先生と一緒に試作しました。

 メニューは、7月13日(土)に本校で行われた中村先生との事前打ち合わせで、みかん寿司に商業研究部が現在研究に取り組んでいる未利用魚の活用ともコラボさせ、ハモの未利用魚のすり身を混ぜることとトッピングにアジ等の未利用魚のすり身や彩りを考えた食材を乗せることなどが決定していました。

 当日は、中村先生からみかん飯とハモのすり身の素揚げを融合させるスペシャルな寿司酢「デリシャ酢」のレシピを提供いただき試作に取り組みました。出来上がった試作品は、みかん飯と「デリシャ酢」と弾力のあるハモすり身の絶妙なハーモニー、トッピングのアジすり身だんごのフライ、梅肉、大葉、ネギ、沢庵、刻み海苔のそれぞれにみかん寿司とマッチした味と食感で、正直みかん飯は苦手という部員も、おいしくいただくことができました。

 8月3日(土)は、松山市子規記念博物館で行われるイベントで、11時半から100食分を「ハモ入りみかん寿司のデリシャ酢アキン丼」と命名して試食として提供します。お楽しみに。