2019年9月の記事一覧

生徒会役員認証式がありました。

 本日、全校集会で生徒会役員認証式が行われました。現生徒会を代表して生徒会長 泉さんから退任の挨拶がありました。旧生徒会役員の皆さん1年間お世話になりました。ありがとうございました。

 続いて、新生徒会役員の認証式があり、新生徒会長 藤堂さんが役員を代表して教頭先生から任命書を受け取りました。

 執行部は10月より始動します。充実した生徒会活動になるよう、皆さんの御協力をお願いします

もっと進化(深化)するアクティブラーニング

(*地歴公民科のアクティブラーニング関連記事は、タイトルにも工夫を凝らしています。一昨年度より統一されているこのタイトルは、保護者の皆様や40代以上の読者の皆様にとって、何故か懐かしさで笑みがこぼれるものになっていきますので、お楽しみに。しばしあの頃にタイムスリップ?)

 本校は教科の結束力が高く、常によりよきものを探究しています。地歴公民科では、指導方法を積極的に共有し、統一した目標のもとで授業を行っています。

 9月24日(火)、3年生の日本史Bと倫理において、2クラス同タイトル授業が行われました。2つの異なる教室で、異なる先生の指導のもとで、同じテーマでアクティブラーニングを行いました。

 日本史Bの共通主題は「政策徹底討論 ~明治時代の内閣総比較~」です。既習の知識を基盤として、歴史的思考力を総合的に高めることを目的としています。

 各内閣の成立背景、支持勢力、国内の動き、世界の動き。各クラス・各班で積極的に議論しながら、意見の集約を図り、プレゼンテーションを行いました。

 倫理の共通主題は「哲学者の思想を徹底評価」です。これまでに学習した内容を整理しながら、現代を生きる私たちとの関連性を話し合い、ランキング化しました。

 ランキングだけでなく、議論の過程を可能な限り発表しました。

 プレゼンテーションは聞く側の態度も重要な要素です。記録用紙にしっかりメモできていました。

 正解のない問いに敢えて挑み、主体的・協働的に課題解決しながら深い学びに向かっています。

 地歴公民科は、今後も積極的に新プログラムに挑戦していきます。

1年生普通科文理選択説明会

7限目総合的な探究の時間「いずしね」で1年生普通科の生徒を対象に類型選択説明会を行いました。

進路決定における心構えや文理選択・科目選択の留意点について確認の後、大学受験に臨む姿や社会人としての姿をイメージし、どのような選択を行うべきか各自が真剣に考えました。授業参観に加えて、類型選択説明会についても保護者の方々に多数参加していただきました。

美術・図工 芸術の秋

 美術部です。
 9月21日(土)に松山の愛媛県立美術館で開催されている国立トレチャコフ美術館所蔵・ロマンティック・ロシア展と日本水彩画展を鑑賞してきました。


 ロマンティック・ロシア展の感想としては、「普段なかなか地方で観ることのできない作品やその技法に触れることが出来て勉強になった。」や「油絵の美しさ、神業技法に改めて感動した。」などの深い感動の言葉が多く聞かれました。引率を快く引き受けて頂いた保護者の方に心から感謝いたします。

美術部顧問 井上務

伊予灘ものがたりお見送り活動

 9月22日(日)八幡浜駅において、観光列車「伊予灘ものがたり」のお見送り活動をおこないました。台風接近であいにくの大雨でしたが、商業研究部を中心に総勢22名の活動となりました。前回のかぶり物の新調に引き続き、今回は横断幕が新調されました。これまでは手書きのもので味わいもあったのですが、今回の横断幕ははっきりとした大きな文字と みかん・チャンポン・はも などのかわいいイラストで、私たちの気持ちや八幡浜の特産品を明確に伝えることができるようになりました。これからも、この活動を継続していきたいと思います。