2020年6月の記事一覧

高校3年生テニス記念試合(男子テニス部)

6月27日(土)平野運動公園で、高校3年生テニス記念試合が行われ、本校も参加しました。新型コロナウイルスの影響で県総体、インターハイも中止となる中、県テニス協会を中心に3年生の区切りとなる大会が地区ごとで行われました。途中、激しい雷雨による中断もありましたが、午後は天候も回復し、無事全日程を終了することができました。

 

これで3年生は引退となります。進路実現のために新たな目標に向かって努力します。

応援ありがとうございました!

学校 第1回人権・同和教育ホームルーム活動を行いました

6月26日(金)7限に第1回人権・同和教育ホームルーム活動を行いました。

1年生は、よりよい人間関係をつくろうという主題で、各クラス工夫を凝らした授業が展開されました。

学校生活が始まって、1か月経ち、ようやく人間関係も少しずつ出来てきました。

「よりよい人間関係をつくるためには」

一人ひとりがじっくりと考えることができました。

家庭でも、会話のきっかけとしていただけたらと思います。

令和2年度第1回学校関係者評価委員会・学校評議員会が行われました。

6月25日に学校関係者評価委員会・学校評議員会が行われました。

ご多用の中、委員の皆様にはご出席賜りありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会では八高をよりよくするため、学校評価に関するご助言やご提言をいただきました。

客観的で貴重な意見を伺うことができました。今後の学校づくりに生かしてまいります。

商業科(佐々木先生)の研究授業が行われました。

6月23日(火)1限目に3年5組において「ビジネス経済応用」の研究授業が行われました。

「外国為替相場の変動要因」を主題として、為替で経営危機をかわすべく、模擬会社の社長役・広報役などに分かれて

為替取引ゲームに挑みました。中学校でも習った「円安・円高」。円安・円高になる要因とは一体何でしょうか?

高校ではさらに具体的な事象をもとに予測し自動車の販売台数を練っていきます。

リーマンショックや震災、アメリカ大統領選において為替がどう変化したか予測し、班ごとに考えた根拠を発表して

いきます。実際に円安・円高のどちらかに振れたか、その結果に一喜一憂。各班とも業績を思うように伸ばすことが

できなかったようです。生徒のみなさんが主体的に考えを深め、取り組む姿が印象的でした。

桜の花が咲きました

2年5組の教室の後ろに桜の花の写真と短歌・俳句が貼り出されました。これは臨時休業の期間中に生徒が制作したものです。まるで教室に桜が咲いたようにきれいです!

   

   

     来年はコロナの流行もおさまり、みんなで花見ができると嬉しいですね。