メインメニュー
H30月別八幡浜高校日記
H29月別八幡浜高校日記
H28月別八幡浜高校日記
学校紹介

    akind.gif

 

  ehime-no-uta.jpg

 

  八高スマホ八項バナー.JPG

 

  miryokuka.gif

校長室より

 

 

 

h30saekikoutyouphoto.jpg

 

校長 佐伯 鈴乃

 進路のしおり 巻頭言より


 

「東ロボくん」

 

 「東ロボくん」の偏差値が話題となっています。
 「東ロボくん」とは、世界的な数学者の新井素子氏が育て、東京大学合格を目指すチャレンジを試みている人工知能のことです。「東ロボくん」は新井氏によれば、(以下『AI vs 教科書が読めない子供たち』より引用抜粋)東大には合格できないけれど、MARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)や関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)の一部に合格できるレベルに育っているそうです。
「東ロボくん」は、「2016年度センター模試 進研模試 総合学力模試 6月5教科8科目950点満点で、525点(受験生の平均点437.8点)偏差値57.1でした。また、「2016年度第一回東大入試実践模試」では、世界史 偏差値 61.8。「2016年度第一回東大入試プレ」で、数学(理系) 偏差値 76.2。数学だけ見れば、東大理靴弔泙螳絣愽瑤合格できるレベルです。東ロボくんの一番得意な教科は数学。「数学の問題に特有の、正確で限定的な語彙から成る文章であれば、論理的な自然言語処理と数式処理の組み合わせでかなりの点数がとれる」そうです。世界史もなかなかよい点数を出しています。逆に、点数がとれないのは、国語と英語。言葉の意味や常識を理解することがAIにはできないとのことです。常識の壁に阻まれているからだそうです。
たとえば、「東ロボくん」は、「警報機は分解や改造をしないでください。」と「未成年者は絶対に飲酒や喫煙をしないでください。」この2つの文章の違いは判断できません。みなさんわかりますか?2つの文章の違いは、文の構造にあります。「警報機」は、「分解する」「改造する」という動詞の目的語であるのに対して、「未成年者」は、主語になります。私たちは、読むと自然にその違いがわかりますが、この違いをAIは理解できないのだそうです。記憶力・計算力・統計に基づく大まかな判断力は、「東ロボくん」は多くの人間より遙かに優れています。しかし、数式に表せない意味を理解することはできません。
 新井氏は、学校に必要なモノは、「一に読解、二に読解、三・四は遊びで、五に算数。遊びといっても、手先や身体を動かす、モノに頼らない遊び。」とおっしゃっています。
読解力を身に付けることが、先の成績をのばす上で重要だという氏の指摘は説得力があります。求められるのは、意味を理解する力です。
では、どうしたら読解力が身につくのか?新井さんは、精読が重要なのではないかと述べています。少し難しいと感じるくらいの文章を一生懸命、意味を考えながら読んでみる。これが、大学入試を突破する読解力を身につけ、複雑で急激に変化する社会で生き残る力となるかもしれません。
 学びは生きる力です。未来を創造するのは、現在の努力です。みなさんが、希望の進路を実現できるよう毎日の真剣な学びを期待しています。

 

平成30年度 校長式辞・あいさつ pdfファイル
平成30年 4月 9日(月) 第1学期始業式 平成30年度第1学期始業式式辞
平成30年 4月 9日(月) 入学式 平成30年度入学式式辞
平成30年 7月20日(金) 第1学期終業式 平成30年度第1学期終業式式辞
平成30年 8月24日(金) 第2学期始業式 平成30年度第2学期始業式式辞

 



投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。