八幡浜高校日記

体育祭予行を行いました!(^^)!

 9月2日(水)体育祭予行が実施されました。暑さ対策のため、本部テント前とスタンドの裏にミスト機を準備しました。今年のテーマは、「創(そう)」120年の伝統と新たな躍進 です。生徒のみなさんは朝から夕方まで一生懸命に取り組んでいます。悔いが残らないように仲間と協力し合って素敵な体育祭にしましょう。3年生は後輩を引っ張って、1、2年生は先輩たちに必死でついて行ってください。先生たちは生徒みんなの想いがすばらしい体育祭を創りあげることを願っています。

 午後からは、全学年練習と、ブロック練習を行いました。体育祭はいよいよ今週末です。まずは、しっかり水分補給を行い、自宅に帰ったら十分な食事と睡眠をしっかり取るなど体調管理に気を付けましょう。

 120周年記念体育祭は、感染症対策のため入場を制限(1家族1名の保護者のみ)して実施します。一般・卒業生の皆様の入場は御遠慮いただくことになりました。大変申し訳ありませんが、御理解、御協力をお願いいたします。 

鉛筆 有名な実験にチャレンジしました

8月31日(月)1年生の数学A「場合の数と確率」の課題学習として、「ビュフォンの針実験」にチャレンジしました。

平行線に10本のつまようじをひたすら落として、線に触れた本数を数えていくというシンプルな実験です。

つまようじが針に触れた本数と投げたつまようじの本数の比を計算すると、なんと!ある値が出てくるというものです。

今回実験を行ったクラスの半数の班がその値の近似値を導き出すことができました。

これからも「なぜだろう」という疑問を大切にしながら、数学の学習に取り組んでいきましょう!

 

 

商品開発プログラム・パン試作 -えひめ次世代マイスター育成事業-

 商業科の2年生が商品開発に取り組んでいます。今回は、7月の商品プレゼンテーションで選ばれた3チームのパンの試作を行いました。パンメゾン八幡浜店で平田様から商品を作るときの注意点や材料の説明、パンの成形の方法などを教えていただき実際に試作しました。四苦八苦しながらも、3種類のパンが完成しました。生地や香り、見た目などまだまだ改善すべき点が出たため、さらに研究を深めおいしい商品に繋げていきたいと思います。

高校生のための社会人基礎力セミナー

 8月26日(水)に商業科の3年生を対象に、ジョブカフェ愛workの天野先生をお招きしてビジネスマナー講習会が開かれました。社会で求められるビジネスマナーについて、立ち居振る舞いの実践や社会人基礎力についての講義など様々な視点から話をしていただきました。今後の進路実現に向けて生かしていきたいと思います。

「八幡浜鯛めし」試作会 商業研究部

 8月27日(木)に、道の駅八幡浜みなっとのアゴラマルシェにていよかん真鯛を使用した「八幡浜鯛めし」の試作を行いました。「いよかん真鯛」は、口の中に伊予柑の香りがするのが特徴です。出汁には八幡浜産の「マーマレード」を使用することで、柑橘の風味が漂う鯛めしとなっております。試作してみると、柑橘の香りが弱かったり、盛り付けの仕方や分量など様々な課題が見つかりました。販売までに改善を図り、八幡浜を代表する鯛めしとなるよう頑張ります。

 また、今回の販売に協力してくださる株式会社アゴラマルシェの上甲英司社長様より、「高校生の力で地元を盛り上げてほしい」と激励のお言葉をいただきました。

 【 告知 】

 9月20日(日)道の駅八幡浜みなっと アゴラマルシェにて11時~13時にて販売(数量限定)

 同日時に、みなと交流館では八幡浜鯛めしを真空パック詰めしたお持ち帰り商品の販売も行います。