八幡浜高校日記

L.A.からリモートコーチング【陸上競技部】

 8月19日(水)陸上競技部長距離部門の部員5名がリモートによるコーチングを受けました。指導してくださったのはL.A.在住の内田友来さんとそのチームスタッフの皆さんです。

 内田さんはアメリカで国家資格を取得し、カイロプラクティックスポーツ医としてご自身のクリニックを営んでおられます。また、スポーツメンタルコーチングの専門家として選手がベストコンディションで本番を迎えられるサポートを行いながら、多様なスポーツ実践の場で活躍されています。

 今回、長距離部門の生徒達は「個人の目標やチームの目標を達成するためには何が必要なのか」、「どのようなチームを作っていかなければいけないのか」について話し合い、コーチングしていただく中で、課題や改善点が多く見つかりました。教えていただいたことを実践し、互いを高め合いながら、チームのスローガン「努力には夢がある」を胸に、都大路への出場、入賞を目指します。今後とも、応援よろしくお願いします! 

「第7回高校生直木賞」校内本選会【文芸新聞部】

 

 今年度7回を迎える「高校生直木賞」は、全国の高校生たちが集まって議論を戦わせ、直近一年間の直木賞の候補作から「今年の1作」を選ぶ試みです。

文芸新聞部は昨年度、高校生直木賞の選考校として初エントリーし、力作5作品を部員全体で熟読。どの作品が高校生直木賞にふさわしいか協議を重ねてきました。

本年度4月29日に全国36校の高校生と共に選考者として本選会に参加する予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大により開催が延期となっていました。そしてやっと今回、8月23日(日)ZOOMによるリモート開催が決定!念願の参加となります。現在、校内での最終選考を終え、当日に備えています。「読む+語る+選ぶ=深まる」を目指し、全国の高校生達と議論を戦わせます。当日、どの作品が選ばれるか、楽しみにしていてください!

以下、エントリーされている5作品

朝倉かすみ『平場の月』/大島真寿美『渦』/小川哲『嘘と正典』/川越宗一『熱源』/窪美澄『トリニティ』 

ユニホームが変わりました!〈男子バレーボール部〉

 暑い毎日ですが、皆様どのようにお過ごしでしょうか。

 現在、男子バレーボール部はお盆を挟んで休養期間となっています。次の部活動は18日(火)より再開します。夏休みの前半は、松山商業高校をはじめ南予6校と練習試合を行いました。

 そんな中、今年からユニホームが変更となり、新しい歴史を刻むべく、9月の南予選手権に向けて頑張っています。この休養期間に、勉強もしっかり頑張って、文武両道の男子バレーボール部を目指したいと思います。

 

晴れ 夏季ジュニアテニス選手権南予地区予選(男子テニス部)

8月8日、9日に津島プレーランドで夏季ジュニアテニス選手権南予地区予選が開催されました。

今年度初の公式戦で、新チームになってから最初の大会ということもあり、最初はかなり緊張していましたが、少しずつ実力を発揮することができました。

【主な結果】

〈シングルス〉

5位 松井(県大会出場)

8位 川本(県大会枠7人のため、惜しくも県大会出場ならず)

〈ダブルス〉

4位 松井・菊口(県大会出場)

ベスト16 二宮・川本

県大会出場者は8月22、23日に平野運動公園での県大会に出場します。

2年生1人、1年生4人のチームなのですが、ベスト16以上に入る選手も多く、新人戦に向け、練習を重ねていきたいと思います。

送迎等、ありがとうございました。